指輪物語とファンタジーのサイト指輪物語とファンタジーのトップに戻る
5/26
オークランドの朝。いきなり大失敗しました、起きたらなんと集合10分前!!
それはもう大慌てで準備。顔だけは洗って、急いで着替えました。夜のうちに片づけておいて良かった・・・。
急いでロビーに行ったら誰もいない・・・。なんと一番乗りでした(汗)。
危ないところだった・・・。やっぱり昨日の夜の興奮で眠れなかったのが原因かなぁ。
急いだ割にも忘れ物は幸いありませんでした。

みんなも時間通りに集まり、空港へと向かうことに。オークランドへのお別れを惜しみつつ、30分ほどで空港に着いてしまいました。
ここでとうとう私たちを案内してくれたガイドさん二人、バスを運転してくれた運転手さん二人とお別れになってしまいます。この6日間お世話になりました。またいつかお会いできると良いのですが・・・。
最後に、まだ一緒に写真を撮っていなかったガイドさんとも写真を撮ってもらいました。
バスを運転してくれたお二人が、空港の中まで来てくれて、最後にお別れの挨拶を。
そして搭乗手続きなども終わり帰りの飛行機へと向かいます。
ここで最後のプレゼント。なんと帰りの飛行機はアラゴルン号。まさに「王の帰還」だとみんな大喜び。
ただ今日は関空への直行便の人もいて、ここで二手に分かれることに。当然関空組は普通の飛行機・・・。残念がる人も多数。そりゃあそうだ・・・。
私はと言えば、東京の妹の家に泊まることになっていたのでアラゴルン号に乗ることに。残念ながら、一緒に行動してくれたチャコさんとはここでお別れです。
時間があるうちにとアラゴルン号の写真を撮り、それぞれの搭乗口へ。
また、またお二人ほどチャコさんとともに私と行動していた方がいて、その二人とは同じ飛行機に乗ると言うことで一緒に飛行機を待っていました。
すると、他の人が飛行機を写真に撮るのにいい場所を見つけたというので、私たちも早速写真を撮りに移動。確かにさっきより近かった・・・。
ここでフィルムを撮りきろうと、写真を撮りまくりました。結果15本持っていったフィルムを見事に使い切りました。これ現像するのが怖い気が…。


いよいよ中つ国・ニュージーランドともお別れです。なんだかあっという間の1週間でした。アラゴルン号に乗って、日本への帰還です。


・・・そして無事日本に到着。最後にロード関係の本2種類のうち、1冊を選んでカウンターで受け取り、みんなともお別れとなります。私は成田エクスプレスの乗り場へと移動。すれ違う人と挨拶を交わしつつ乗り場へと到着しました。
乗り場に着いてみると、旅の仲間の一人が同じように待っていたので、少し話をしました。その人は青森まで帰るとのこと。席は違うのでそれぞれの席に着き、一路東京へ。

ところが東京駅に着いたとたん聞いた放送案内が、東北で地震があり、東北新幹線が運転を見合わせているとのこと。帰ってきたとたんとんだハプニング。青森へ帰るという彼女はお別れを言うと、あわてて駅へと去っていきました。無事に帰れたんでしょうか・・・。

そんなこんなで、初めてのニュージーランド旅行は無事終了。非常にいい経験でした。
個人では行けないような所へも沢山行けて、結構料理も美味しかったし。今度は是非南島を中心に旅行をお願いしたいですね。
お願いしますよ、日本旅行さーん!
戻る