指輪物語とファンタジーのサイト指輪物語とファンタジーのトップに戻る
5/24
いよいよモルドールへ出発です。ホテルからバスで1時間上ったところにある、ワカパパスキーフィールドがその場所。今日は曇り空で、まさにモルドールといった雰囲気です。マントを着てバスから降りると、すごく寒い。マントがあってちょうどいいくらいです。バスを降りてからガイドさんから注意がありました。山は天気が変わりやすく、霧が出ると1メートル先が見えなくなるとのこと。そこで霧が深くなってきたらみなで手をつなぐこと、ロード〜の音楽を流す(笑)から音のするほうに集まることを言われました。
ここでは、イシルドゥアがサウロンの指を切り落としたところ、オークがメリー&ピピンをつれて走ったシーン、フロドとサムが上ってきたところ、道に迷ったところ、ゴラムが崖から降りてきたところ、と多くのシーンが撮影されました。
そこにはまさに映画で見た場所が広がっていました。
みんなでマントを着て山を上ったのですが、その上をヘリコプターが飛んでいたようで。私はヘリには気がつかなかったんですが、なんとその模様が後日CNNで流されたそうです。新聞の次はテレビ・・・。ニュージーランドで有名になってどうするんだろう・・・と個人的には思いましたよ、正直なところ。

とにかくみんなフロドやサムになりきって写真撮ってました。二人が寝ていたところで寝ころんでみたり、迷った場所から眺めたり。岩場なので、結構移動は大変でしたが、非常に楽しかったです。


けが人もなく無事にバスに戻った私たちは、次の場所へ。ロケ地はひとまず終わりで、次なる宿泊地ロトルアへと向かいます。バスの中で撮影時の裏話をいくらか教えてもらいました。
トンガリロロッジにはショーン・ビーン氏が一人で泊まっていたそうです。またシャレーというところにヴィゴが買い取った馬(映画でアラゴルンが乗っているあの馬です)と一緒に泊まったみたいです。しかもプライベートだったらしいです。馬と二人(?)っきり・・・。よっぽどその馬が気に入ったんですね。

途中タウポのほとりでトイレ休憩。少しばかり時間があったので、町中を散策しました。とある店にはいると、ロード・オブ・ザ・リングのキャラクター物が。これは何で出来てるんでしょうか。

そこのお店ではワーキングホリデーで来ているらしい男の子が働いてました。いったい何の集団なんだと思ったでしょうね。何人かいた旅の仲間の一人が、私たちの説明をしました。するとその子が商品を写真に撮らせてくれたのです。さらにお店の人に説明をしてくれて、そこにあったロード・オブ・ザ・リングのイラストも見せてくださいました。これはガンダルフと、フロド、サムでしょうか。写真も撮らせてくれましたよ。


そして町中のレストランに移動し、バイキング形式のお昼ご飯です。食事が終わるとさらにバスで移動しつつ、途中の公園で休憩。しばらく買い物の時間を取り、ロトルアに向かってさらにバスで移動です。
移動ばかりですが、周りの景色も楽しめるし、映画の裏話なんかも聞けて、退屈はしません。

いよいよロトルアへと到着しました。最後のトイレ休憩です。立ち寄った公園には温泉の煙が出ている場所がありました。そう、ロトルアは温泉の町なのです。
町の色んな所で湯気が立っていました。

長い移動でたどり着いたのが今夜の宿、レイクプラザホテル。ホテルのすぐ近くにはスパがありました。水着を借りて入ればいいよと、ガイドさんが勧めてくれました。そして天気がよければ南十字星が見られると言うことも教えてくれました。
ホテルの部屋にいったん入ったあとは、オプショナルの夕食です。
今日はマオリ族の踊りと、ハンギディナーです。ハンギとはマオリの伝統料理です。野菜などを葉っぱで包んで蒸し焼きにした料理だそうです。

ホテルにはなんと神戸の高校生が修学旅行で泊まっていました。男の子ばかりの団体で、まさに私たちとは正反対でした。
そしてここで5/23出発の2班さんたちと合流です。
食事の前にマオリ語をいくつか教わりました。キオーラ、キアオーラというのが挨拶で、おはようやこんにちはに当たる言葉だそうです。
また、ハカというのは戦いの前のウォーミングアップの歌で、ポカレカレアナはロマンスの歌だそうです。これから見るマオリの踊りの中でこれらの歌を歌うそうです。

食事はバイキング方式で、ハンギ料理、ふつうの料理と並んでいました。
また、テーブルの上にはパンと魚をココナッツミルクにつけた物(日本で言う刺身)もありました。魚を食べてみましたが不思議な味でした。


食事が終わって始まったのがマオリの踊り。もちろん最初に教わった二つの踊りも踊ってくれました。途中女性をステージにあげて一緒に踊ったり、男性をあげてハカを踊ったりと、私たちを楽しませてくれました。添乗員さんも一緒に踊らされて(?)いましたよ。最後にはみんなで輪になり、手をつないで終わりの挨拶を。
写真をたくさん撮ったんですが、やっぱりこういうのはビデオの方がよかったなと思いましたね。

食事のあとは、ガイドさんがみんなを連れてスパへと連れて行ってくれました。いったんホテルで待ち合わせていったんですが、ホテルを出る前に南十字星がどこにあるか教えてくれました。タイミングよく空が晴れて、ちゃんと見えましたよ。ずっと見たいと思っていたので見ることができて本当によかったです。

さてスパですが、私は水着は持っていなかったので5ドルで水着を借り、30ドルの露天風呂にみんなで入りました。

2班さんも一緒だったんですが、例の新聞を見たらしく、ホテルで食事したときすぐに私が写真に写っていた一人だとわかったそうです。ちょっぴり恥ずかしかった・・・。
お風呂からは湖が見渡せるんですよ。夜だったので暗くてあまり見えなかったんですが。
こうしてロトルアの夜は更けていったのでした。
戻る